助産院や病院のサポートで安全に産む|HAPPYベイビー

男性ドクター

不妊の原因が男性にある

うつむく男性

男性側に不妊の原因があることを男性不妊と言います。男性不妊には様々な種類があり、それぞれで適切な治療方法が違いますので、自分の症状にあった治療方法を行なうようにしましょう。

詳細を読む

妊娠中に必要な栄養

錠剤

妊娠中は自分と胎児の分までしっかり栄養を摂取する必要があります。不足しがちな栄養成分として挙げられるのが葉酸やカルシウムなので、日頃の食生活に注意しましょう。サプリメントや健康食品で手軽に摂取するのも良いでしょう。

詳細を読む

元気な赤ちゃんを産む

ドクター

自分の子どもが欲しくて子作りに励んでいてもなかなか妊娠することが出来ないカップルは、不妊症の可能性がありますので病院で治療を受けましょう。まずは不妊の原因を突き止める検査を行なう必要がありますが、近年は男性側に不妊の原因がある男性不妊が増加してきています。男性不妊と行っても様々な種類があり、EDによる不妊から精巣やホルモン分泌に問題が生じる造精機能障害などがあります。造精機能障害は精子無力症と乏精子症と無精子症の3つがあり、その中でも最も症状が重いのは無精子症と言われています。無精子症は精液の中に全く精子が存在していない状態の事で、閉塞性無精子症と非閉塞無精子症の2つに大別されます。閉塞性無精子症と非閉塞無精子症では適切な治療方法が違いますので、まずはどの種類なのかを把握するところから始めましょう。
不妊治療を行なって無事妊娠することができたら、安全な出産を実現するために必要な栄養成分をしっかり摂取するようにしましょう。胎児の成長に必要不可欠な葉酸やカルシウムといった栄養成分は不足しがちなので、毎日の食事を意識して摂取できるように心がけましょう。出産するクリニックとして近年人気なのが助産院で、より自然に近い形で出産することが出来ます。助産院では安全な出産を実現するための準備をサポートしますので、栄養バランスの整った食事を食べて体重管理をすることも出来ます。また、万が一の事があった場合に医療行為が出来る病院を併設している助産院もありますので、どうしても心配な方はそのような助産院を選びましょう。

精子が無い体質

膝を抱える男の人

男性が精液の中に精子が存在しない無精子症の場合は性行為による妊娠は難しいですが、病院で治療を受けることによって妊娠することが出来ます。無精子症には2つありますので、それぞれの症状と治療法を把握しておきましょう。

詳細を読む

Copyright© 2016 助産院や病院のサポートで安全に産む|HAPPYベイビー All Rights Reserved.